カスタムニットとファッションそして日々の出来事を綴ってます
by Yukochan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
kikiさんへ☆ ..
by arare719 at 18:10
お久しぶりです! ふふ..
by enjoy-wales at 23:19
BBpinevallyさ..
by arare719 at 22:11
アンさんへ☆ 北口も南..
by arare719 at 21:46
arareさん、こんにち..
by BBpinevalley at 17:06
Francanaさんへ☆..
by arare719 at 12:29
こんばんは!アンです。 ..
by bayswater92 at 02:57
根津美術館のちかくにこん..
by francana at 01:02
BBpainballyさ..
by arare719 at 21:36
この自由大学、入るの難し..
by BBpinevalley at 12:18
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
# by arare719 | 2017-06-26 22:45 | Comments(0)

トスカーナの旅 2日目 オルチャ渓谷とB&B

ピエンツァで遊んだ後、また車でオルチャ渓谷を周ります。ランチはレストランでとリクエストしてたのですが、時間的にタイトで難しいよと言われショボン。
するとMさん“ 私の家でお昼ごはん食べない?” と誘ってくれました。
もちろん “ ハイッ!!いただきます ”
ちなみにMさんイタリアでレストランを経営されていたのです。
ウフッ、楽しみ〜♡

Mさんのお宅はアレッツォとトルコーナーの中間点で駅に出やすいんだとか、
了解!

f0254335_00245571.jpg

ピエンツァのお土産の追記です。

・パプリカのジャム、木の実のジャム、ビオのはちみつ
・乾燥ポルチーニ茸
・エキストラバージンオイル
ラベルのイラストが素朴で可愛い。


車中イタリアにのお話を伺います。

“ 日本でランチというと直ぐに出てきてパッパと食べれるというイメージがあるでしょう。でも、イタリアはランチと言ってもオーダーしてから20分はかかる。1時間では無理、無理”

“日本人は出された物は残しては悪いという意識あるでしょう、イタリアにはそれはないから、残しちゃっても全然大丈夫!( でも程度による。あまりに残すと口に合わなかったのか、と思われる)それよりも食べれないからと言って一品しか注文しない方が嫌がれるわね。つまりトータルの値段の方が大事で残されることは問題じゃない。もちろん、ピザ屋さんとかで一品頼むのはいいいけれど。テーブルのクロスが生地であるか紙であるか、紙であれば一品でも大丈夫と見分けるといいわね” へ〜☆
などなど他にはの参考になることいっぱい聞かせて頂きました。

Mさんちに到着です。草花が迎えてくれます。レンガ造りの壁に赤いバラ。お花見ると嬉しい。
f0254335_18510465.jpg

紫陽花はこれからかなぁ。
f0254335_18510421.jpg


家に案内されると、いた〜〜☆
デッカいモフモフのワンちゃん!
ご高齢で微動ともしない…。

f0254335_18510508.jpg

ピレネー犬だそうです。

駆け寄って、思い切り首を抱きしめたかったのですが、牧羊犬は知らない人にはストレス感じやすいと聞いていたので、そ〜としてあげることにしました。

f0254335_18510530.jpg

買ったばかりのデジカメでボヤけてしまいました。見にくくてすいません…。

サニーレタスは自家菜園の無農薬。柔らかくて美味しかったです。

奥はナスのラザニア。優しい味付けでした。イタリア料理の油ぽさはオリーブオイルで風味を増しているんだとか。素材がよければ、上質な調味料が少しあればいいんですよね。


f0254335_18510678.jpg

これが絶品でした!!
アスパラガスのサフラン・リゾット。
Mさんの手料理、塩味薄くて好きでした。
ご馳走様で〜す♪

お昼ごはんの準備中、お庭を散策させてもらいました。
f0254335_18510729.jpg

こちらの地域は赤い屋根にレンガ造りと市から指定されているそうです。庭の木や花も規定以外の物は植えてはいけなんだとか。外観の統一感は住むうえでメリットも多く、ただ内装は自由にリフォームしていいのだそうです。
f0254335_18510731.jpg

広〜いお庭、羨ましい☆
f0254335_18510853.jpg

お庭からB&Bを見た風景。部屋数も3つしかないそうです。
f0254335_19362754.jpg

広〜いドレッサ周り。天井も高くて開放感あります。

f0254335_18510994.jpg

モフモフ犬のポートレート!大型犬を飼えるお家、永遠の憧れ。

こちらのB&B、一泊食事付き70ユーロ。
清里もペンションより安い!

温泉やワインセラー、美味しレストラン。こんなところで、数年に一回でも、のんびり過ごしてみたいです。

お昼ごはん前にまたオルチャ渓谷を巡りました。その景観は場所によって違っていて
オルチャ渓谷は広大です。アキナ牛で有名なアキナ渓谷に接しているところでもあります。
f0254335_19052706.jpg

f0254335_19052847.jpg

f0254335_20155095.jpg



こちらはプロのカメラマンが撮った写真です。土地を熟知した者でしか取れない写真ですよね。同じ場所とは思えない、笑。
f0254335_20155163.jpg

✳︎ 画像はお借りしました


f0254335_00112019.jpg


サイトにあったピエンツァのレストランのメニュー、ランチにコレを食べようなんて、無謀でした。

パルマ産ハムに洋梨、ペコリーノのチーズにルッコラ、ズッキーニのスライス、隠れているのは牛肉かなぁ。ソースは何だろう…。想像が膨らみます。美味しそう。



f0254335_19052855.jpg

帰路に着きます。コルトーナの村が見えてきました。日本と同じでイタリア国内の小国同士の戦いが絶え間なく続いていました。結果、街の要塞は土地の1番高い所に建てられるようになった。見れば山の上に要塞や街があることが多いのに分かります。

f0254335_22042131.jpg


13:30の列車に乗りフィレンツェに戻ります。ここでMさんからのご注意を受けます。
“ ローカル電車で人気のない車両に1人では乗らないように!車掌さんが廻って来ないので昼間でも犯される事故があるのよ。
人の多いそれもイタリア人の多い車両に乗ること安全ね” すでに今朝、若い黒人男性が1人しかいない車両に乗って来たんですけど〜☆
f0254335_19362745.jpg

アパートへの帰り道はブランドが並ぶトルブォーニ通りを選びました。上の写真はサン・ガエターノ教会。
f0254335_19362863.jpg

リチャード・ジノリ
f0254335_19362810.jpg

マックス・マーラ
盛夏のコーラルピンク
f0254335_19362910.jpg

トッズ
若々しくなりましたね。
f0254335_19362940.jpg

プラダ
行き交う人はシニアが多い。
f0254335_19363023.jpg

フェンディ
秋物が立ち上がっていました。
ハンドクラフトタイプの花柄モチーフがポイント。若くしたいのか…なんかムリのあるディスプレイ。ミラノのブランドのディスプレイ見たかった。

アノル川沿い。15時過ぎ暑いです。

フィレンツェで1番暑い時刻は15時、16時
暗くなるのは21時過ぎ。
f0254335_19363047.jpg

ポンテ・ヴェッキオ橋
戻って来ました。
f0254335_19363150.jpg

アパートに戻って一服。
f0254335_00112098.jpg


昨日散歩したヤコボ通りにあるカシミアニット専門店でカシミア/シルク/ウールのセーターを買いました。もちろん、メイドイン イタリーで61ユーロ。普段着るのにはこのくらいで十分です。
f0254335_00004757.jpg

お買い物夢中でお店の写真、撮り忘れ。

夕飯は近所のお惣菜屋さんで購入したもので済まします。
f0254335_19363183.jpg

お味は、やっぱりお惣菜、感動なし。

明日はまた早朝からローマ、 バチカン市国に出かけます。

ーー続く

[PR]
# by arare719 | 2017-06-22 18:38 | Comments(0)